東方非想天則 Wiki

東方非想天則 ルールブック

1.png

対戦形式 [編集]

2.png
  • 1試合2本先取の3ラウンド制。
  • タイムアップはなし。
  • ダブルKOは両者1本扱い。
    既に片方が1本取っている場合、その1本取っているほうが勝者となる。
  • ガード中の相手に対する必殺技やスペルカードによる削りダメージは発生するが、それによってKOすることはない。

弾幕戦闘 [編集]

3.png
  • 対戦中、BやCで射撃することにより弾幕を形成できる。
  • ダッシュや飛翔、一部の技にはグレイズ属性が付いており、グレイズ中は弾幕をノーダメージで抜けることができる。
  • 基本的に、射撃をするには霊力が必要となる。

飛翔と空中ダッシュ [編集]

6.png
  • 空中で任意の方向 + 飛翔ボタンを押すことにより飛翔ができ、比較的自由に飛び回ることができる。
    飛翔には霊力を消費する。飛翔中は常にグレイズが付いているが、終了時に隙があり他の行動に移るのがワンテンポ遅れる。
  • 空中で左右いずれかを2回連続入力することにより、空中ダッシュができる。
    空中ダッシュはグレイズ時間が短いが、霊力を消費せず、移動速度が速く、また素早く他の行動に移れる。
  • 飛翔と空中ダッシュは、通常合計2回まで行える。

ダメージ [編集]

4.png
  • 攻撃をコンボで繋いでもダメージの合計値は補正がかかり、単純なダメージ加算にはならない。
  • 体力が少ないほど受けるダメージは下がる。
  • ダメージ補正はRateによる補正と、攻撃の種類による特殊な補正の2種類に大別できる。
  • 特殊な補正は、特定の攻撃、あるいは特定の状況でコンボを行うと発生する。コンボ数の下に表示される文字列により確認が可能。
    種類は以下の通り。
名前発生条件
5.pngSmash Attack相手を吹き飛ばす攻撃を使用する
Rift Attack相手を浮かせる攻撃を使用する
Chain Arts攻撃をスキル(必殺技)でキャンセルして攻撃する
Chain Spell攻撃をスペルでキャンセルして攻撃する
Border Resistガードクラッシュ状態の相手を攻撃する
Counter Hit相手の攻撃動作中に攻撃する

(追加)コンボのため途中にスカ射撃などを入れタイミング修正を行う動作をいれるとダメージが減ることがある。

霊力 [編集]

7.png
  • 画面下側に5つの霊球(球…?)として表示される。
  • 1種類の射撃あるいは必殺技を使うためには、霊球が1つ必要となる。
  • 飛翔をすることにより、飛翔時間に応じた霊力を消費する。
  • ガード時にガード方向を間違える、または射撃をガードすると減少する。
  • 消費した霊球は時間経過で回復する。回復開始までに一定の時間が必要であり、行動に応じて変わる。
B射撃
約0.75秒 (45F)
C射撃
約1秒 (60F)
必殺技
約2秒 (120F)
飛翔
待ち時間なし
  • 5個すべて無くなると、回復するまで射撃や必殺技、飛翔など霊力を消費する行動が不可能になる。
    (空中ダッシュは霊力を消費しないため可能)
  • 霊力が無い状態でガード方向を間違えたり射撃をガードしたりすると、クラッシュする。
    ガードが強制的に解除され無防備になる他、霊球が一つ破壊され、しばらく使用不可能になる。
    破壊された霊球は時間経過またはシステムカード「マジックポーション」の使用により回復する。

回避結界 [編集]

  • ガードモーション中に4、6、1、2のいずれかの方向へキーを入れつつ飛翔ボタンを2回入力することにより、ガード硬直をキャンセルしグレイズ効果付きのダッシュまたはハイジャンプに似た回避行動を行うことができる。
    • 6は前へ、4は後ろへ、1は上斜め後ろへ、2は真上へ移動する。
  • 基本的に霊球を1つ破壊し霊力を全快する。
    • 快晴時は霊球を破壊せず使用可能である。ただし、霊力全快効果も無い。

天候 [編集]

8.png
  • 戦闘中に画面上部中央に常に「予報」が表示される。
  • 予報はキャラクターがスペカ使用や壁や地面にバウンド、あるいはダウンする度に変更される。(スキカ、シスカは使用しても変わらない)
  • 射撃を展開した状態でダメージを受ける等天気玉が発生、あるいは単なる時間経過により画面上部中央の気質度カウントが上昇する。
  • 気質度が99.9に達することにより天候が発現する。
  • システムカード「緋想の剣」を使用すると予報の天候が即座に発現する。
  • 天候が発現すると戦闘中の両者になんらかの影響を与える。
  • 天候の発現中は気質度が時間経過で下がって行き、射撃を展開した状態でダメージを受けるなどで天気玉が発生することによりカウントの下降が加速する。
  • 天候の発現中にシステムカード「緋想の剣」を使用すると気質度カウントが急激に減少し天候が高速終了する。
  • 天候の発現中に気質度が0になると天候は終了し、新たな予報が表示される。
  • 天候の種類は以下の通り。
名前概略影響
快晴空を飛ぶ程度の天気飛翔の旋回性能向上(増加率不明)
飛翔の霊力消費が軽減(50%)。
回避結界発動コストの霊球消費免除
ただし通常時回避結界の追加効果である成立と同時の霊力全快効果が消失。
霧雨スペルはパワー程度の天気スペルカードによる攻撃のダメージ上昇 (125%)
スペルカードの暗転と同時に気質度が現在の75%(切り捨て)に減少
曇天符を器用に扱う程度の天気全ての行動でのカードゲージの増加率上昇(200%)
スペルカード使用コストが2以上ならば1枚分だけ軽減
全てのカードの使用(スペルカードならば暗転)と同時に気質度が0になり天候終了
蒼天連携が鋭くなる程度の天気スペルカードでキャンセル可能な必殺技をキャンセルする条件を満たしているのであれば、それまでにキャンセルしていない全ての必殺技のいずれかでキャンセルできるようになる。またそうして出した必殺技の消費霊力は前に出した必殺技の消費霊力の半分になる(切り捨て)
(難解だが端的に言えば必殺技を必殺技でキャンセルできるようになり、キャンセルで出せば出すほど霊力消費が減っていく、という意味)
必殺技の入力完了と同時に気質度が現在の90%(切り捨て)に減少
霊力が強まる程度の天気霊力回復速度増加(増加率+6[/F])
必殺技による攻撃のダメージ上昇(125%)
必殺技の入力完了と同時に気質度が現在の90%(切り捨て)に減少
花曇打撃を避ける程度の天候全ての打撃属性の技がグレイズ可能になる(ただし、グレイズした場合は50[/F]の霊力を消費し、またグレイズされた打撃属性技はすべてグレイズされた場合は空振り扱い)
全ての射撃属性の技に摩耗属性が付与される(4[/F])
全ての摩耗属性付き射撃属性の技の摩耗量が増加する(10[/F])
「気質発現」で発現させなかった場合(自然に発現した場合)、気質度初期値が49.9
グレイズ、ガードで天気玉が出現するようになる
濃霧吸血鬼っぽくなる程度の天気相手に自分の技でダメージを与えた場合、自分の体力が相手に与えたダメージの50%(切り捨て)回復する
幽霊っぽくなる程度の天気ダメージを受けた際のカードゲージ増加効果消失
相手に攻撃をHitまたはガードさせた場合、相手のカードゲージが減少する(倍率不明、求情報)
天候によるカード破壊効果の発生と同時に気質度が現在の75%(切り捨て)に減少
天気雨防御が怪しくなる程度の天気「気質発現」で発現させなかった場合(自然に発現した場合)、気質度初期値が74.9
使用不可状態の霊珠の復帰が個数にかかわらず一律化(96F)
全ての技にガードクラッシュ属性が付与される
ガードクラッシュ時の霊珠使用不可ペナルティが消失
疎雨必殺技全開になる程度の天気全ての使用した必殺技がLv4の性能で出る
風雨風の力を借りる程度の天気「気質発現」で発現させなかった場合(自然に発現した場合)、気質度初期値が49.9
飛翔/空中ダッシュ回数制限増加(2→3)
X方向の移動速度に補正(140%?一部にバグがある様子)
晴嵐符が見えなくなる程度の天気発現と同時に全ての手札カードがデッキの残存カードとシャッフルされる
発動したカードがスペルカードであった場合、手札コストが足りていなくても発動できる(ただし、コストは通常時と同様に消費されマイナスになる場合は0になる)
全てのカードの使用(スペルカードならば暗転)と同時に気質度が0になり天候終了
川霧距離が変になる程度の天気「気質発現」で発現させなかった場合(自然に発現した場合)、気質度初期値が74.9
キャラが単振動的に自動的に移動する
台風勝負が荒れる程度の天気「気質発現」で発現させなかった場合(自然に発現した場合)、気質度初期値が74.9
全てのロック技以外の技で仰け反らなり、ガードもできなくなる
傷が癒える程度の天気攻撃を当てると体力が徐々に回復するスポットライトが当たる(相打ちの場合は復帰が早い方に回復権が発生)、発現直前(正確なFは不明)にダメージを与えていた場合はそちらに初期から回復権が発生
攻撃によりスポットライトが両者間を移る度回復速度上昇(増加率不明、求情報)
回復権の発生、移動と同時に気質度が現在の90%(切り捨て)に減少
ダイヤモンドダスト眠ったら死ぬ程度の天気全てのダウン判定の発生と同時に根性値を無視した500の固定ダメージを受ける(ただし、このダメージによりHPが0以下になる場合は1になる)。
ダメージと同時に気質度が現在の90%(切り捨て)に減少
黄砂カウンターヒット程度の天気全ての与CH属性が付与された攻撃が自分または相手にHitした場合、相手の被CH判定の有無にかかわらずその攻撃がCHする
天候効果によるCHであるかにかかわらず、CHした場合の受身不能時間の増加倍率が150%から200%に増加
CHの発生と同時に気質度が現在の75%(切り捨て)に減少
烈日全てを焼き尽くす程度の天気高度により攻撃力増加(上限135%、高度100から倍率がかかり、700以上は135%固定。なお、高度1に対して、約0.058357211%が倍率に加算される)
高度により根性値を無視した固定ダメージをF毎に受ける( 高度160よりダメージ(1[/F])、以降高度60毎にダメが+1、上限は10[/F](高度700以上、飛翔限界は690))
高度によりカードゲージがF毎に自動増加(高度220よりカードゲージ増加開始(1[/F])、以降高度120毎に増加量が+1、上限は5[/F](高度700以上))
梅雨大地に弾かれる程度の天気バウンド効果のレベル上昇(通常吹き飛ばし効果→通常壁バウンド効果→回転壁バウンド効果、床叩き付け効果→回転床叩き付け効果)
バウンドの発生と同時に気質度が現在の75%(切り捨て)に減少
極光何が起こるか不明程度の天気上記いずれかの天候の効果

カード [編集]

9.png
  • キャラクターは事前に組んだデッキ(20枚)を使うことができる。
  • カードを発動するには、攻撃や防御によってカードゲージを溜める必要がある。
  • ゲージは最大5本、ゲージが1本溜まる度にデッキから1枚ランダムでカードを引く。
  • カードにはそれぞれコストが決まっており、コスト枚数分のゲージがあれば、コスト枚数分のカードを消費することで、カードを発動できる。
  • カードの種類は「システムカード」「スキルカード」「スペルカード」の三つ。
システムカード
全キャラ共通。ダメージなしの無敵切り返しや、特殊な効果のある攻撃をしたりなどシンプルな効果を持つものが多い。
スキルカード
キャラの技を強化したり、技を別の技に差し替えたりできる。
スペルカード
超必殺技。発動する際に他のカードをコストとして必要とする場合が多い。
  • カード交換ができるのは「カードを使用していないとき」に限られる。
  • コンボの最中は待機状態のカードを変更することが出来ない。

前作との違い [編集]

先行入力の消失・短縮 [編集]

通常技の最速入力が先行入力できなくなり、コマンドは受付時間が短縮された。
細東攻に調査レポートがあります。

入力方向に関するあれこれ [編集]

距離に関係なく4Aで近Aと同じモーションの打撃(AA派生は不可)が出せる。

前後方向のキーを入力しつつのスペルカード発動が出来なくなった。

スキルカード発動時、方向キー入力の有無で動作が変化する(下記参照)

などなど、色々入力に関する変更があった模様。

スキルカード [編集]

通常のスキルカード宣言が「スキルを使用しながら」に変更。
該当スキルが使用可能な状態でなければ、スキルカード宣言はできない。
(例えば空中のみ使用可能なスキルなら、通常のスキルカード宣言も空中でのみ可能)
宣言時に発動されるスキルは、そのスキルをBで入力した場合のものとなる。
必殺技・特殊技と同等のタイミングでキャンセルスキカ宣言が可能になり、コンボに宣言を組み込めるようになった。
宣言時には霊力を消費するが、霊力不足の状態でもスキルカード使用でならば必殺技・特殊技が発動できる。

また、地上で方向キーを入力しつつスキルカード宣言するとスキルを発動させずにスキルカードを使用できる。
この場合霊力は消費せず、使用条件のあるスキルカード(空中や地中のみなど)でも地上で使用可能となる。

ちなみに蒼天の際、スキカ→コマンド技は同種技でなければキャンセルできるが、コマンド技→スキカの順ではキャンセルできないので覚えておくといいかも

余談だが、生死流転斬やヴァンパイアクロウのような入力を繰り返す技はスキカを連続で使っても派生できないが、
一段目をスキカで出した場合は、コマンドを入力すれば普通に二段目、三段目と派生出来る。
また、衣玖の龍神の怒りや美鈴の水系太極拳などは、スキカ使用と同時にBを押しっぱなしにしていれば、しっかりとホールド時の効果が出る。

天候の追加と変更 [編集]

新規天候 [編集]

黄砂強攻撃が当たると必ずカウンターヒットになる。受身不能時間が増加する
最後に相手へダメージ与えた方のキャラの体力が徐々に回復
ダイヤモンドダストダウンすると追加ダメージ 。移動起き上がり不可
烈日空中にいると徐々にダメージ 。高空で攻撃力増加。カードゲージが上昇。
梅雨地面や壁にたたきつけられた時バウンドする=続けて攻撃できる・受身を取られる

既存天候の変化 [編集]

花曇「打撃を避ける程度の天気」に。
全ての技を通常通り出せるが、打撃はグレイズ可能(ただしグレイズ時に霊力減少)となる。
川霧相手との距離が常に変動。引き寄せられたり引き離されたり。
晴嵐カードが伏せられ、かつ手持ちの枚数分デッキから引き直される。
発現中はコストが足りなくてもスペカを発動できる。ただしカード一枚分は最低必要。コストが足りない状態で発動した場合、その時点で溜まっているカード分が消費され、余剰分は消費されない。
種類問わずカードを使えば天候は即終了する。またカード内容は伏せられて見えないが、カードを回す事は可能。
風雨「風の力を借りる程度の天気」に。一部打撃技のHJC削除、ダッシュ・ハイジャンプなどの移動距離速度上昇
蒼天必殺技をキャンセルするたびに消費霊力が半減
曇天カードを使用した瞬間天候終了。天候終了するカードの種類は無差別。

※花曇発現中の特殊な事例
 ①特殊射撃(射撃属性だがグレイズ不可のもの)はグレイズできない
  例)萃符「戸隠山投げ」(萃香)、彗星「ブレイジングスター」(魔理沙)など
 ②打撃属性の攻撃を射撃無敵状態で避けることはできない
 ③霊力が尽きるとグレイズ属性の技でもグレイズが不可能になる

カード [編集]

  • 既存キャラクターに新スキルカード・スペルカードが追加された
  • システムカードが自機キャラに対応した名前と効果に一新された(緋想天にあったシステムカードと同等の効果のものはある)
  • スペルカードを使用した直後一定時間カードゲージが溜まらなくなった。
  • プロファイルごとにデッキが4つ持てるように。キャラセレクト画面にて切り替え可能
  • 丸秘はほぼ対戦時用。喜怒哀楽のどのデッキを選んだか相手にわからないように選択が可能。が、身内などでなければ普通に選んで大丈夫。